アフィリエイト 稼ぐ 方法 やり直し 初心者

管理人

管理人


アフィリエイトアドバイザー: HIRO

アフィリエイトに一度挫折し、再挑戦し、ブレイクスルーしました。


2週間でYahoo!検索1位達成!


Yahoo!で続々と検索1位表示!

ご協力お願いします!

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

有効性確認済み情報商材!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


アフィリエイトリンクをクリックしてくれているのに売れない理由

2015年04月11日

アフィリエイト用のウェブサイトを開設し、コンテンツを充実させ、外部リンクの獲得数も増えてくると、徐々にアクセスが増えてきます。そしてアフィリエイトのバナーなどのアフィリエイトリンクをクリックしてくれるようになれば、初心者のアフィリエイトへの取り組みは比較的上手く行っていると言ってよいでしょう。

 

しかし、アフィリエイトリンクをクリックして(踏んでくれて)いるのに、商品が売れず、稼げないケースがあります。何故でしょうか?

 

一般的には2つのケースが考えられます。一つ目は「アフィリエイトリンクを踏んで飛んだ先のページに問題があるケース」、「二つ目は集めたアクセスに問題があるケース」です。

 

まず一つ目の「アフィリエイトリンクを踏んで飛んだ先のページに問題があるケース」についてさらに詳しく述べます。

 

アフィリエイトリンクを踏んで飛んだ先ページが、魅力的に商品を紹介し、訪問者が「買いたい」という気持ちになるような優れたページであれば問題ありません。そのような意味でも、魅力ある商品を選ぶのがアフィリエイトで稼ぐための第一歩です。そして、その商品のページのレベルが高ければ、誘導しただけでアフィリエイターの役割は終了です。

 

問題がある場合は、そもそも商品に魅力が無かったり、商品の紹介ページがあまり魅力が無かったりします。そのためアフィリエイトする商品を選ぶ段階で、商品そのものと商品の紹介ページをよく調べることがアフィリエイトで稼ぐための鉄則です。また商品のウェブサイトそのものはレベルが高くても、アフィリエイトリンクで飛ばした先が適切でないページであるケースもありますので注意しましょう。

 

親切な広告主であれば、販売につながり易いランディングページを教えてくれる場合もありますので、参考にするとよいでしょう。

 

ちなみに意外なケースとしては、アフィリエイトで紹介している商品が人気が高く、ほとんどいつも売り切れだったというケースもあります。いくらなんでも売り切れではアフィリエイトリンクを踏んでもらっても売れませんね・・・。

 

 

次に「二つ目は集めたアクセスに問題があるケース」について述べます。

 

アフィリエイト用の開設したウェブサイトで、狙ったキーワードでアクセスを集めることに成功しているとすると、分析すべきはキーワードが売り上げにつながり易いキーワードであるかどうかです。キーワードはまずは検索されるキーワードでなければなりません。検索ニーズのあるキーワードであればアクセスは集まります。しかし、情報が欲しくて検索するだけで、あまり購買意欲の高くない訪問者が検索するキーワードでは売り上げにはつながりません。

 

どんなキーワードが売り上げにつながるキーワードで、かつ検索上位表示を狙えるキーワードであるのかを探すことは宝探しみたいなものです。簡単には見つからないかもしれませんが、継続的に努力し探す価値はあります。

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
レバレッジ