アフィリエイト 稼ぐ 方法 やり直し 初心者

管理人

管理人


アフィリエイトアドバイザー: HIRO

アフィリエイトに一度挫折し、再挑戦し、ブレイクスルーしました。


2週間でYahoo!検索1位達成!


Yahoo!で続々と検索1位表示!

ご協力お願いします!

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

有効性確認済み情報商材!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


SEO入門

ノウハウコレクターはダメというけれど・・・

2014年12月29日

稼げないで悩んでいるアフィリエイトの初心者に対してよく聞くアドバイスとして、「ノウハウコレクターにならないようにして、一つの教材に則って進めていくように」といったものがあります。「ノウハウコレクター」になってしまう初心者の気持ちはよくわかります。アフィリエイトは決して楽して稼げるようになるものではなくて、それなりに努力をし、一定量の作業を要しますので、稼げない状態でひたすら努力し続けることが辛いのです。

 

高額なアフィリエイト塾に入ったり、次から次へと教材を買い求めるのは確かによくないと思いますが、ある程度努力して、稼げず、行き詰ってきた場合は、他の教材を買ってみても悪くはないと思います。

 

昔から「3人の上司に使えてみなさい」という言葉があります。優秀な上司でも人間ですので必ず癖があります。3人の上司の下で働いてみると、それぞれ良いところと悪いところがよくわかるようになるということです。つまり、憎たらしい上司でも良いところがある可能性はありますし、その反対も然りです。

 

教材についても、2~3個程度試してみると、それぞれ長所・短所があることが見えてきます。2番目、3番目に買った教材を実践することで、最初に買った教材の優れたところも理解できることもあります。またアフィリエイトのタイプ別にみても、物販アフィリエイト、情報商材アフィリエイト、トレンドアフィリエイト、アドセンスアフィリエイトなどがあり、最初に選んだものが自分に合っているとも限りません。2番目あるいは3番目に購入した教材が自分に合っていれば、そちらを主軸にしても良いでしょう。

 

諦めたらすべてが終わりです。稼げるようになればすべてが報われます。行き詰ってきたらとりあえず行動してみることが大切でしょう。

稼げるアフィリエイト入門

アクセスを集めてもアフィリエイトで稼げるとは限らない

2014年12月29日

アフィリエイト初心者がウェブサイトを開設し、それなりにコンテンツを充実させ、SEOを施してくると、少しずつアクセスが集まるようになります。アクセス解析などでウェブサイト開設当初からのアクセス数の増加をグラフで確認できると、それなりに成果が出たと実感したりします。確かに全くの初心者から始めてアクセスが集められるようになっていれば、よく頑張ったというべきでしょう。

 

ここで忘れてはいけないのが、「アフィリエイト報酬が得られたか?」ということです。趣味でウェブサイトを作っただけであれば、アクセスを集めて人に読んでもらえただけで「良し」としてもよいでしょう。しかし、アフィリエイトを目的としているのであれば、報酬が得られなければ意味がありませんし、失敗と言えます。

 

アクセスが集められているのにアフィリエイト報酬が得られていない場合は何がいけないのでしょうか?

 

アクセスが検索エンジン経由のものであれば、検索キーワードで集めたユーザーの目的とアフィリエイトしたい商品がマッチしていない可能性があります。アフィリエイトを成功させるためには、まず売れる商品を選ばなければなりません。次にその商品を求めるユーザーを呼び込めるようなキーワードを選定し、それに合わせたウェブサイト作りをする必要があります。

 

アクセスが得られているのであれば、選択したキーワードはそれなりに需要がある可能性がありますが、そのキーワードで検索するユーザーは必ずしもアフィリエイトしたい商品を求めて訪問しているわけではないということです。その場合、キーワードの選定からやり直す必要があります。

 

また必ずしも膨大なアクセスを集めなくても、アフィリエイトとして成功するケースもあります。目標とする月間アフィリエイト報酬を、アフィリエイト報酬単価で割れば目標販売個数となり、それに成約率をかければ目標とするアクセス数となります。アフィリエイトする商品を求めているユーザーを呼び込めれば、成約率は高くなりますので、案外少ないアクセス数でも十分な場合があります。

外部リンクを集める方法

2014年12月28日

検索エンジンでウェブサイトを上位表示させるためのSEOとして、外部からのリンクを集めることが最も効果があり、重要です。しかし、自分のウェブサイト内の記述等で行えるSEOに比べると、外部からリンクを貼ってもらうことは基本的に自分ではコントロールし難いことなので、ハードルが高いです。

 

もちろん全く不可能というわけではなく、サテライトサイトを作って、そこからメインのウェブサイトにリンクを貼るなどのSEOが多くのアフィリエイト本・教材で紹介されているため、広く行われています。しかし、これはいわゆる「自作自演リンク」なので、ペンギンアップデートに引っかかる可能性が高く、推奨できません。

 

サテライトサイトからの自作自演リンクを貼ると必ずペンギンアップデートに引っかかるわけではありませんが、どうしても行うのであれば極力少なく、サテライトサイトのドメインも分散させ、リンクをはる時期もずらすなどの工夫をする必要があるでしょう。とにかく「不自然な外部リンク」がリスクが高いのです。つまり、同じサテライトサイトから大量のリンクが貼られたり、同時期に大量に貼られることが不自然であり、人為的なものと見破られやすいのです。

 

外部から自然なリンクを集めるにはどうしたらよいでしょうか?

 

基本的にはリンクを貼りたくなるようなコンテンツを作ることが必要です。まずそのような発想に転換しましょう。

 

一つの方法は、ポイントを絞った記事を書くことです。例えば、最近は車で旅行して、車内で宿泊する「車中泊」の愛好家が増えています。キーワードは車中泊ということになるのですが、それよりも車種をエスティマハイブリッドに絞って、「エスティマハイブリッドで行く車中泊」、さらには寝る場面を想定して、「エスティマハイブリッドで行く車中泊、ベッドの作り方」などといったようにできるだけポイントを絞ると紹介されやすく、リンクが貼られやすくなります。

 

さらに詳しい方法を学びたい方は、以下の教材「賢威」に解説があります。これは日本の正当な(不正となるような裏技ではない)SEOの第一人者である松尾茂起氏による教材で、株式会社ウェブライダーによって販売されています。株式会社ウェブライダーは、実際にSEOを事業としており、大手企業と共同でウェブサイトの運営などを手掛ける正真正銘のプロ集団です。教材も一目見てプロによるものとわかります。難点は、レベルが高く、ある程度経験があるアフィリエイターでないとすぐに実践できない点でしょう。それでも正しい考え方を知るだけでも着実に成長が早まります。

ペンギンアップデートとは?

2014年12月27日

Googleはユーザーが求めているような質の高いウェブサイトを、それぞれの検索キーワードに合わせて適切に順位付けし、表示できるようにアルゴリズムのアップデートを行っています。Googleにとっては、ユーザーが探したいウェブサイトを適切に上位表示できなかった場合、ユーザーがGoogleを検索エンジンとして使用しなくなることが一番避けたいことです。それにより広告収入が減り、死活問題となるからです。

 

前回、記事「パンダアップデートとは?」を紹介しました。もう一つペンギンアップデートと呼ばれる重要なアップデートがあります。これは主に外部リンクに関するもので、以下のようなサイトの検索表示順位を下げるように機能します。

 

1.自動記事作成ツールなどで作ったような無いように乏しいウェブサイトからのリンクを多数集めているウェブサイト

 

2.明らかにリンク販売業者から購入したと思われるリンクを多数集めているウェブサイト

 

3.明らかな自作自演による多数のリンクを集めているウェブサイト

 

古いアフィリエイト本を読むとこれらのペンギンアップデートに引っかかるような方法を推奨しているものがあります。それらは現在はもう通用しないと考えた方がよいでしょう。

 

万が一Googleからペナルティを受けると、リカバリーは極めて困難と言われています。愚直に質の高いコンテンツを作る努力を続けていれば、特に必要以上に恐れることはありません。

稼げるアフィリエイト入門

パンダアップデートとは?

2014年12月26日

Googleは膨大なウェブページを検索し、順位付けして表示するために、常にアルゴリズムの改良を行っています。近年、日本のGoogleはパンダアップデートと呼ばれるアルゴリズムのアップデートを行いました。このアップデートでは、以下に該当するサイトの検索順位を下げるように機能します。

 

1.内容が乏しいコンテンツが多いサイト

2.自動作成ツールなどを使って作成された記事が多いサイト

3.コピペなどによって他と同じ内容が多いサイト

 

Googleは常にユーザーのために価値あるサイトの検索表示順位を上げる努力をしているようです。それはユーザーの立場に立って考えれば、極めてまっとうな取り組みです。なぜなら何かを知りたくてユーザーは検索するわけですが、検索した結果、読む価値が無いようなサイトが検索上位に表示されるようになれば、多くの人がその検索エンジンを使用しなくなるからです。

 

そのような意味で、検索エンジンは正しい方向へ進歩しているわけですが、そのことを理解せずに自分のウェブサイトを作った結果、いきなり表示順位が大きく下がったりしては困ります。基本的は上記の観点でパンダアップデートに引っかかって、Googleからペナルティを受けないように気を付ければよいということになります。

 

つまり、充実した内容のオリジナルの記事を書き、コピペはしないということです。Googleからペナルティを受けてしまうと、リカバーするのは結構大変なようです(私自身まだペナルティを受けたことが無いので、どの程度大変なのかよくわかりません)。しかし、真面目に充実した記事を書いていれば、必要以上に心配する必要は無いでしょう。

稼げるアフィリエイト入門

Googleで検索表示されるためにはインデックスされる必要がある

2014年12月23日

検索エンジンとして世界最高の地位にあるのがGoogleです。今ではYahoo JapanもGoogleの検索技術を採用しています。

 

それではGoogleの検索結果に表示されるにはどのようにすれば良いでしょうか?

 

Googleは、ウェブサイト上の文字や画像を自動的に取得してデータベース化するプログラムを使って、膨大な情報を集めています。このプログラムはクローラーと呼ばれています。まずはこのクローラーをウェブサイトに呼び込む必要があります。ウェブサイト貼られている外部リンクから自然に呼び込めることがあります。またウェブマスターツールからリクエストして、ウェブサイトに来てもらうことも可能です。

 

ウェブサイトにクローラーが来た時に、ウェブサイト内の他のページにもクローラーが巡回できるように、各ページをリンクで結ぶ、いわゆる内部リンクを施しておくことが重要です。ウェブサイト訪問者の使い易さを考えても、全てのページからウェブサイトのトップページにリンクを貼っておくと良いでしょう。

 

ところでクローラーが訪問したらそれで大丈夫というわけではなく、データベースに記録されるされる必要があります。このデータベースに記録されることを「インデックスされる」といいます。Googleの規約に違反しているとクローラーが巡回してもインデックスされないことがありますので、注意が必要です。

 

またサイトマップをウェブマスターツールを使って送信することで、ページのインデックスを促進することができます。

 

ウェブマスターツールを使えば、ウェブサイト内のいくつのページがインデックスされたのかグラフで確認できます。ウェブサイト開設から登録しておけば、時間とともにどのようにインデックスされるページが増えるか確認できます。

 

このウェブサイトはサイトマップを送信してから、一気に各ページがインデックスされました。それ以来表示回数も増えています。

ウェブサイトの更新頻度と検索順位

2014年12月22日

ある程度アフィリエイトのためのウェブサイトを作り込んで、コンテンツが充実してくると、検索エンジンでの表示順位が上昇してきます。自分のウェブサイトが検索エンジンで上位表示されると、非常に嬉しいものです。それは着実にアクセスを集める効果があるでしょう。

 

ある程度検索エンジンで上位表示されるようになると、次第に表示順位の推移が気になりだします。それだけにある日検索順位が急落して、圏外になってしまうとものすごいショックを受けるでしょう。しかし、そのようなことはウェブサイトを開設して数ヶ月程度の頃であればよくあることです。落ち込まないようにして、努力を継続しましょう。

 

王道は充実したコンテンツを書き続けることです。工夫して記事を書く努力を続ければ、徐々に記事のクオリティが向上してくるでしょう。おもしろいオリジナルコンテンツは非常に高い価値があります。

 

まだウェブサイトを開設してから1年以内の場合は、案外ウェブサイト・記事の更新頻度が検索順位に影響を与えるようです。記事を書くのがつらくなって、更新を数日さぼった途端圏外に飛んでしまったという話はよく聞きます。Googleは更新頻度にそれなりに重きを置くようです。頑張って更新を続けましょう。

 

また新しい記事を書かなくても、ウェブサイト修正したりするだけでも何もしないよりは効果があるようです。ほったらかしでほとんど更新しないウェブサイトは評価が下がるようです。コンテンツが充実するほど更新頻度を下げても大丈夫なようですが、それにしてもまったく更新しないよりはたまにでも更新した方がよいようです。

 

稼げるアフィリエイト入門

アフィリエイトには小さな成功の積み重ねが励みになる

2014年12月19日

アフィリエイト初心者が一から始めてそれなりの成果が出るまでには、それ相応の努力が必要です。統計からみても、ほとんどの初心者が月に1万円も稼げない内に挫折していきます。

 

その理由は単純に稼げないからです。稼げなければコツコツ努力することがつらくなり、挫折しがちです。止めてしまえば、稼げるようになることはありません。非常にシンプルな話です。

 

反対に努力し続けていれば、人間成長するものです。努力し続けることができるように工夫をすることが重要なのでしょう。アフィリエイトについて言えば、継続的な努力が実を結んできていることが実感できれば頑張れそうです。

 

その一つがウェブマスターツールで、検索順位、クリック数の結果のグラフをチェックすることです。ウェブマスターツールでは検索クエリを調べることができます。これはGoogle で検索されたデータを蓄積したもので、どんなキーワードで自分のウェブサイトが検索結果として表示されたのか確認することができます。またある期間の表示回数・クリック数の推移をグラフで調べることができるんです。

 

それなりに頑張って良質のコンテンツを増やしていくと、徐々にヒットするキーワードが増えてきて、検索表示される回数が増えてくることがグラフで分かります。特に記事数が100程度になると増えてくるように感じます。アフィリエイトは、まずアクセスを呼び込まなければどうにもなりません。特に検索エンジンからの集客を狙うならば、検索表示されなければなりません。

 

それだけ大切な検索表示が増えてくるのが実感できれば、頑張って記事を書くことも楽しくなるでしょう!
 

稼げるアフィリエイト入門

アフィリエイトにはビジネスマインドがあるとよい

2014年12月17日

アフィリエイト初心者のほとんどは、月に1万円も稼げないで挫折していきます。サラリーマンとして働きながら、自宅に帰った後に毎日アフィリエイトに1~2時間の時間を充てているとすると、100記事程度書くまでに3ヶ月程度かかるのではないかと思います。自分の体験からすると、アフィリエイトを始めてから3~4ヶ月目頃が結構つらく、この辺で挫折するパターンが多そうです。

 

ほとんどの場合、初心者が3~4ヶ月アフィリエイトをしても、月に1万円も稼げません。3~4ヶ月という期間は、毎日作業をしても稼げない状況では非常に長く感じますし、徐々に記事を書くネタも尽きてきて、このまま続けても稼げるようにならないのではないかと思い始める時期です。ここを乗り越えられるかどうかが勝負の分かれ目です。

 

そのような意味でも、ビジネスマインドをもつのがよいでしょう。趣味でやっているのではなく、「自分はビジネスとしてアフィリエイトをやっている。ビジネスなんだから毎日作業をするのは当たり前だ。稼げるまで必ず続ける」という姿勢のことです。趣味や遊びならば、やる気が無くなったら止めてしまうでしょうか、ビジネス(仕事)と思えばやって当たり前という気持ちになります。

 

どんな仕事でも、初めから上手く行かないものです。試行錯誤をして、改善に改善を重ねて成果が出るものです。ビジネスであれば、お客様のことを考えるべきです。何を書けば読んでもらえるのか、ウェブサイトに来てもらえるのかを考えながら試行錯誤することが成功への近道です。
 

稼げるアフィリエイト入門
1 / 3123
 
レバレッジ