アフィリエイト 稼ぐ 方法 やり直し 初心者

管理人

管理人


アフィリエイトアドバイザー: HIRO

アフィリエイトに一度挫折し、再挑戦し、ブレイクスルーしました。


2週間でYahoo!検索1位達成!


Yahoo!で続々と検索1位表示!

ご協力お願いします!

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

有効性確認済み情報商材!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


Google Adsenseで稼ぐためのブログの作り方

2016年06月19日

ブログを使ってGoogle Adsenseで稼ぐためには、アクセスを集めなければなりません。そんなアクセスを集められるブログを作るためのポイントを以下に紹介します。

 

専門ブログが?それとも何でもブログか?

何かのテーマに絞った専門ブログを構築するのがよいのか、それとも日記や興味のあることを何でも書くようなブログの方がよいのかという点では、実際に稼いでいる人に聞いても意見が分かれます。必ずしも答えは一つということではないでしょう。

しかし、ここでの成功のイメージを、「非常に多くのアクセスを集めて、Google Adsenseでコンスタントにある程度稼いでいるブログ」とすると、後者の何でもブログの方が現実的と思います。

非常に多くのアクセスを集めるためには、長期にわたってブログを更新し続けることが求められます。通常は対象とするテーマが広い方が、更新し続けることが容易になります。ある程度のクオリティの記事を更新し続けることはそれだけ大変なのです。

反対に、専門的な内容に絞った場合は、ある程度記事を書き続けるとサイトが完成してくるでしょう。それはむしろ成約型のアフィリエイトサイトのイメージに近く、テーマに合ったアフィリエイト商品のリンクを貼り、それを意識して記事を書いた方が稼げることが多いでしょう。その場合は、必ずしもアクセス数のみにそれほどこだわる必要はありません。商品を買いたいと思う人をイメージしてキーワードを設定することが大切です。

ここが大きくGoogle Adsense用のサイトと異なる点です。Google Adsense用であれば書きたいことを書いて、とにかくアクセスを集めれば、記事に合う広告を自動で表示してくれます。

 

記事数が多いほど有利

検索によるアクセスを集めようとすると、まずはGoogleにサイトのページがインデックスされなければなりませんし、そこで記録されているキーワードが検索されなければ検索表示されません。

独自ドメインでブログを始めると、最初は悲しいほどアクセスが集まらないのはそのためで、記事数がある程度なければ極めて不利です。しばらくはとにかく記事を書きましょう。中身のある記事が100記事ぐらいになれば、それなりにインデックスされますし、多くのキーワードが登録されているでしょう。さらに外部リンクが付けば、ドメインパワーが高くなり、検索で表示され易くなります。まずはそこまで書き続けることが重要です。

 

 

 

コメント

  • by ともちん

    こんにちは。ともちんと言います。
    アドセンス用であれば書きたいこと書いて行けばいいのですね。
    独自ドメインはとにかくある程度の記事数になるまで頑張る。
    書き続けるのは、やはり大事なことですよね。
    ありがとうございます。

    2016年6月25日 5:24 PM

    • by HIRO

      ともちんさん、コメントありがとうございます。
      アドセンスをやり始めた頃は、恥ずかしくなるほど成果は少額でした。
      しかし、何年もコツコツ続けていると徐々に成果が増えてきて、
      今では大切な収入源になっています。
      HIRO

      2017年2月4日 8:56 AM

  • by YMS

    やはり記事数が多い方が有利ですよね。。。
    Googleアドセンスはなかなかクリックしてもらえなくてとても苦労しています。
    記事数が多い方が訪問者も多くなると思いますし、やはり記事数を多くして、ボリュームがあるブログ作りをしていくのが1番なんでしょうか。

    2016年7月19日 7:50 AM

    • by HIRO

      YMSさん、コメントありがとうございます。
      すごく返信が遅くなり、すいません。
      おそらく誰がやっても百発百中ということはなく、上手くアクセスとクリックが集められるブログ、サイトが
      出来上がることもあれば、そうではないこともあります。
      ネットの良いところは、「とりあえず試してみる」ということが大きなリスクなくできる点です。
      マーケティングの一部と思って、とりあえずやってみて、アクセス解析して手応えを確かめるのが良いでしょう。
      HIRO

      2017年2月4日 9:00 AM




コメント内容

トラックバックURL: 
 
レバレッジ