アフィリエイト 稼ぐ 方法 やり直し 初心者

管理人

管理人


アフィリエイトアドバイザー: HIRO

アフィリエイトに一度挫折し、再挑戦し、ブレイクスルーしました。


2週間でYahoo!検索1位達成!


Yahoo!で続々と検索1位表示!

ご協力お願いします!

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

有効性確認済み情報商材!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


Googleアドセンス広告の選び方

2014年11月30日

Google AdSenseの広告ユニットにはいくつかの種類があります。おススメなのは、以下のものです。

 

  • レクタングル大
  • レクタングル中
  • ビッグバナー
  • ワイドスカイスクレイパー

 

これらを適宜選択して、ウェブサイトに貼り付けます。1ページに広告ユニットは3つまで貼り付けられます。記事上部と下部がクリック率が高いようです。

 

広告ユニットは基本的には目立つところに貼り付けるとクリック率が高まると考えられますが、ウェブサイト作りの基本としてはやはりコンテンツが大切で、コンテンツを読みたいと思ってウェブサイトを訪問してくれる人の気持ちを考えなければなりません。つまり、記事を読みたいと思う人に広告が「ウザイ」という印象を与えないように注意しなければなりません。

 

例えば、広告ユニットを貼り付けるページの下地の色と広告ユニットの下地の色があまりに異なると、広告ユニットが目立ちすぎます。ページの白い下地の色に、黄色やピンクなどの下地の広告ユニットでは違和感があるでしょう。

 

ウェブサイトにマッチしながら、さりげなく広告が目に入るするようにできれば理想的です。

 

また配信される広告の種類の点から、コンテンツターゲット広告とインタレストベースターゲティング広告があります。コンテンツターゲット広告では、ウェブページの記事のテーマにマッチした広告が表示されます。インタレストベースターゲティング広告では、ウェブページ訪問者の嗜好にマッチした広告が表示されます。

 

デフォルトではインタレストベース広告機能がONになっています。いずれのタイプの方が収益が上がるか、実験してみるとよいでしょう。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: 
 
レバレッジ