アフィリエイト 稼ぐ 方法 やり直し 初心者

管理人

管理人


アフィリエイトアドバイザー: HIRO

アフィリエイトに一度挫折し、再挑戦し、ブレイクスルーしました。


2週間でYahoo!検索1位達成!


Yahoo!で続々と検索1位表示!

ご協力お願いします!

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

有効性確認済み情報商材!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


アフィリエイトで自分の人生を手に入れましょう!

2016年03月21日

最近、あまりメンタルなことを書かないように、できるだけ具体的なテクニックを書くように心掛けていたのですが、いろいろなことがあり、どうしても書きたくなったので書きます。

 

多くの人が、それぞれの会社・職場で必死に働いていることと思います。どんなに必死に努力して、優秀な成果を上げても、それを横取りするような上司・同僚が居たり、あるいは全く評価してもらえなかったりするようなこともあるでしょう。

 

また優れた成果を上げて、昇進したとしても、会社そのものが傾いてしまったり、場合によっては不正行為に巻き込まれてしまったりするような不遇な境遇にある場合もあるでしょう。シャープ、東芝ではまさにそのようなことが起こっています。

 

シャープでは社内で社員同士を競わせて、熾烈な出世競争を強いる文化があります。そのため会社のために社員一丸となるよりも、自分の出世のために社員で競い合うことの方が優先されてしまうこともあったでしょう。そして間違った経営方針を打ち出し、会社を傾かせた経営者はさっさと他の会社へ移り、高い報酬を得ています。残った社員は待遇が悪くなるばかりです。

 

東芝でも、熾烈な出世競争を勝ち抜き、取締役になっても、社長の強権に逆らえず、不正会計に手を染めます。場合によっては犯罪者になってしまいます。

 

そんなサラリーマン人生に虚しさを感じませんか?

 

自分の人生、自分で切り拓くしかないのです。そのためにアフィリエイトは頼りになるスキルになるはずです。手遅れにならない内に勉強・実践しましょう!

アフィリエイトするジャンルの勉強をし、詳しくなることが必要

2016年03月20日

インターネット上でのアフィリエイトサイトはどれぐらい存在しているのか正確に把握することは困難です。アフィリエイトは、月に1000円も稼げずに撤退していく人も多く、そのような人が作ったサイトも相当数あるでしょう。一方、アフィリエイトに成功し、月に100万円も突破し、法人化して組織としてアフィリエイトを展開している人もいます。

 

つまり、稼いでいるアフィリエイトサイトは年々レベルアップしていると考えてよいでしょう。初心者がある程度稼げるようになるためには、これらのレベルの高いサイトともある程度競合していくわけですので、ハードルは年々上がっていくように感じます。

 

アフィリエイトで成功するためには、自分がアフィリエイトをするジャンルについて勉強し、ある程度以上詳しくなることが必要です。訪問者はアフィリエイトサイトへ何かを知りたくて訪れるわけですが、その際に訪問者が満足する何かを提供できなければすぐに他のサイトに移ったり、二度と訪れてくれなかったりするわけです。

 

また良質のコンテンツをある程度の量提供するためにも、それ相応の知識が必要です。社会はものすごいスピードで変化していきますので、常に勉強し、新しい知識を手に入れていることが大切です。

 

レビュー記事などのように、他の人ではわからないような特別な情報を提供できるとさらに魅力がアップするでしょう。

インターネット広告費は伸びている

2016年03月05日

電通が発表した2015年版「日本の広告費」によると、2015年のインターネットの広告費は1兆1594億円で前年に比べ10.2%増加しています。テレビや新聞などマスメディア4媒体は2兆8699億円となり、前年に比べ2.4%減少しています。

 

若者のテレビ離れはかなり前から指摘されています。そのことも関係していると思いますが、テレビにはテレビの良さがあり、テレビ番組・CMなどで話題になるとかなりの広告宣伝効果があります。それよりもブロードバンド通信網とスマートフォン・タブレットなどのモバイル通信端末の発展により、テレビを見ないような場所、例えば通勤・通学中などの時間帯にインターネットを利用する機会が増えているということでしょう。それは駅に行ってみれば一目瞭然です。

 

他のことがやりにくく、しばらく待たなければいけないような時間帯にインターネットを利用するわけですので、そのような人を狙ってインターネット上に広告を出せば大きな広告宣伝効果が得られるのは納得いきます。また端末から双方向で情報をやり取りできる点も、テレビとは異なる長所です。

 

今後ももっともっとインターネット上での広告のニーズは増えて行くでしょう。

 
レバレッジ