アフィリエイト 稼ぐ 方法 やり直し 初心者

管理人

管理人


アフィリエイトアドバイザー: HIRO

アフィリエイトに一度挫折し、再挑戦し、ブレイクスルーしました。


2週間でYahoo!検索1位達成!


Yahoo!で続々と検索1位表示!

ご協力お願いします!

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

有効性確認済み情報商材!

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


Googleで検索表示されるためにはインデックスされる必要がある

2014年12月23日

検索エンジンとして世界最高の地位にあるのがGoogleです。今ではYahoo JapanもGoogleの検索技術を採用しています。

 

それではGoogleの検索結果に表示されるにはどのようにすれば良いでしょうか?

 

Googleは、ウェブサイト上の文字や画像を自動的に取得してデータベース化するプログラムを使って、膨大な情報を集めています。このプログラムはクローラーと呼ばれています。まずはこのクローラーをウェブサイトに呼び込む必要があります。ウェブサイト貼られている外部リンクから自然に呼び込めることがあります。またウェブマスターツールからリクエストして、ウェブサイトに来てもらうことも可能です。

 

ウェブサイトにクローラーが来た時に、ウェブサイト内の他のページにもクローラーが巡回できるように、各ページをリンクで結ぶ、いわゆる内部リンクを施しておくことが重要です。ウェブサイト訪問者の使い易さを考えても、全てのページからウェブサイトのトップページにリンクを貼っておくと良いでしょう。

 

ところでクローラーが訪問したらそれで大丈夫というわけではなく、データベースに記録されるされる必要があります。このデータベースに記録されることを「インデックスされる」といいます。Googleの規約に違反しているとクローラーが巡回してもインデックスされないことがありますので、注意が必要です。

 

またサイトマップをウェブマスターツールを使って送信することで、ページのインデックスを促進することができます。

 

ウェブマスターツールを使えば、ウェブサイト内のいくつのページがインデックスされたのかグラフで確認できます。ウェブサイト開設から登録しておけば、時間とともにどのようにインデックスされるページが増えるか確認できます。

 

このウェブサイトはサイトマップを送信してから、一気に各ページがインデックスされました。それ以来表示回数も増えています。

ウェブサイトの更新頻度と検索順位

2014年12月22日

ある程度アフィリエイトのためのウェブサイトを作り込んで、コンテンツが充実してくると、検索エンジンでの表示順位が上昇してきます。自分のウェブサイトが検索エンジンで上位表示されると、非常に嬉しいものです。それは着実にアクセスを集める効果があるでしょう。

 

ある程度検索エンジンで上位表示されるようになると、次第に表示順位の推移が気になりだします。それだけにある日検索順位が急落して、圏外になってしまうとものすごいショックを受けるでしょう。しかし、そのようなことはウェブサイトを開設して数ヶ月程度の頃であればよくあることです。落ち込まないようにして、努力を継続しましょう。

 

王道は充実したコンテンツを書き続けることです。工夫して記事を書く努力を続ければ、徐々に記事のクオリティが向上してくるでしょう。おもしろいオリジナルコンテンツは非常に高い価値があります。

 

まだウェブサイトを開設してから1年以内の場合は、案外ウェブサイト・記事の更新頻度が検索順位に影響を与えるようです。記事を書くのがつらくなって、更新を数日さぼった途端圏外に飛んでしまったという話はよく聞きます。Googleは更新頻度にそれなりに重きを置くようです。頑張って更新を続けましょう。

 

また新しい記事を書かなくても、ウェブサイト修正したりするだけでも何もしないよりは効果があるようです。ほったらかしでほとんど更新しないウェブサイトは評価が下がるようです。コンテンツが充実するほど更新頻度を下げても大丈夫なようですが、それにしてもまったく更新しないよりはたまにでも更新した方がよいようです。

 

稼げるアフィリエイト入門

狙ったキーワードでのサイトの検索表示順位の推移を調べる

2014年12月14日

アフィリエイトのウェブサイトを構築する時には、訪問して欲しいユーザーが検索しそうなキーワードを想定し、そのキーワードで検索エンジンによって上位表示されるように作り込んでいきます。

 

ビッグキーワードでは強力な競合サイトが多数ありますので、スモールキーワードとの組み合わせで、上位表示を狙っていきます。特にアフィリエイトの成約率を考えると、ターゲットを絞り込んだ方がよいので、そのような意味でもビッグキーワードだけでなく、どのようなスモールキーワードと組み合わせるかが重要となります。

 

ある程度ウェブサイトを構築すると、狙った通りにキーワードで上位表示されているのか分析するとよいでしょう。つまりまったく効果が無いのか、着実に効果が出てきているのか確認できるからです。

 

以前、「サイトが検索表示されているか調べる」で書きましたように、Googleが提供するウェブマスターツールを使えば、Googleでどのようなキーワードで検索されて、平均何位で表示されたのか、実際に何回クリックされたのかを知ることができます。ウェブマスターツールで、ある一定期間内の表示回数・クリック回数の推移も確認できますので、ある程度成果が出始めれば励みになります。

 

狙ったビッグキーワードとスモールキーワードの組み合わせでの表示順位の推移は、Ferret(https://ferret-plus.com/)で分析できます。まずFerretのサイトに行って、無料会員登録します。「SEOツール」⇒「SEO順位チェック」と進み、SEO順位チェックツールにキーワードを登録すれば、毎日のYahooとGoogleの検索順位表示がグラフと表で確認できるようになります。無料会員登録で、3つのキーワードの組み合わせまで登録できます。

 

この「アフィリエイトで稼ぐ!誰でもできる方法」のサイトについては、「アフィリエイト 稼ぐ 誰でもできる」をFerretで登録しています。開設1ヶ月後頃に登録したのですが、YahooとGoogleいずれにおいても5~6位で推移しています。

 

また試してみるとすぐわかるのですが、Yahooの検索結果はパソコンで検索した場合とスマートフォン、タブレットで検索した場合で異なります。iPhoneとiPadで「アフィリエイトで稼ぐ!誰でもできる方法」とYahooの検索窓に入力し、検索すると、1位に表示されます。

 

稼げるアフィリエイト入門

アクセスアップに効果がある方法

2014年12月13日

アクセスが増えなくて悩んでいませんか?

 

ペナルティを受けないような正攻法のアクセスアップ方法の基本は、新規のウェブサイト訪問者とリピーターを増やすことです。そのためにはコンテンツを充実させることが王道です。純粋に多くの人が興味を持ってくれそうな優良なコンテンツを増やしていけば、自然にアクセスは増えます。

 

そうは言っても、地道にコンテンツを書き、記事数を増やし、アクセスを集めるには膨大な作業量と時間が必要です。少しでも効率を上げるために方法が分かれば助かります。

 

多くの人が実践し、効果が確認されている方法としては以下のようなものがあります。

 

1.タイトルを工夫する

 

ウェブサイトのタイトルは一番重要で、ウェブサイトに呼び込みたい訪問者の属性を考えて、検索されそうなキーワードを盛り込むことが重要です。記事のタイトルも同じような考え方で、呼び込みたい訪問者の属性を考えて決めると効果があります。

 

訪問者のランディングページ(最初にウェブサイトに訪問したページ)は、トップページとは限りません。特にコンテンツが充実し、記事数が増えてくると、下層にあるそれぞれの記事ページからランディングしてくることが多くなります。検索エンジン経由で訪問してくることを想定すると、記事タイトルが非常に重要になるわけです。

 

注意すべきことは、SEO的な「上位表示する」ことのみを考えたタイトルではなく、興味を引きそうなタイトルとすることです。もちろんある程度以上、上位表示されないと意味がないのでSEO的なキーワードは重要なのですが、例えば1ページ目に表示されていれば、そこにある複数のタイトルの中から興味を持ってもらえそうに工夫するということです。

 

またタイトルは記事内容に相応しいものにすることも大切です。これができていいないと、ウェブサイトを訪問してくれたとしても直帰されてしまう確率が高くなり、その後は二度と訪問してくれなくなります。

 

2.目次、人気記事・新着記事へのリンクを目立つところに設置する

 

ウェブサイトへ呼び込むことに成功したら、できるだけ直帰させないで、ウェブサイト内の記事を読んでもらえるように次の記事へ誘導することが大切です。具体的にはカテゴリーに分けた目次を設置し、他に興味を持ってもらえそうな記事の一覧が見られるようにします。さらにアクセス解析などから人気の記事が確認できたら、人気記事へのリンクも設置しましょう。またほとんどウェブサイトでありますが、新着記事へのリンクも有効です。

 

3.記事を読み易く、興味を持ってもらえるようにする

 

ウェブサイト訪問者は、最初の3秒ぐらいで記事を読むかどうか判断すると言われています。まず最初の印象が大切です。

 

例えば画面全体が文字でびっしりみたいな記事は、どんなに内容がよくても読んでももらえない可能性が高いです。適宜改行を入れ、余白を作りましょう。これは書籍や一般的な書類中の文章とは異なるウェブサイト記事特有の考え方です。一般的な文章では「段落」で改行します。国語の授業で教わるように「段落」は意味のあるまとまりですので、単純に見やすくするように改行したりはしません。

 

また文章の最初の部分で、それ以降も読んでもらえるように興味をひくような文章を書きましょう。

 

稼げるアフィリエイト入門

サイトが検索表示されているか調べる

2014年12月07日

自分が作ったブログ・ウェブサイトにアクセスを集めるためには、検索エンジンに上位表示してもらう必要があります。いろいろなSEO対策も有効ですが、基本的にはキーワードを選択し、その内容にふさわしいコンテンツを充実させていくことが大切です。このキーワード選びに成否がかかっているとも言えます。

 

キーワードの選び方の定番として、キーワードアドバイスツールを利用する方法が広く知られています。キーワードアドバイスツールの決定版は、Google AdWordsのキーワードプランナーというツールです。これを使うと興味あるキーワードのGoogleでの月間検索数や、関連する他のキーワード候補などが調べられます。しかし、あまりに有名なので、多くのアフィリエイターが利用しており、競争に勝って上位に検索表示させるのは難しいようです。

 

検索数が非常に多いキーワード(ビッグキーワード)のみで勝負することを避け、もう少し検索数の少ないキーワード(スモールキーワード)と組み合わせて上位表示を狙っていく方法が初心者には有効です。あまり検索数が多くないものの、ある程度長期的に検索されそうなキーワードであれば、いわゆるロングテールキーワードということになりますので、それらを使って記事を増やしていけばウェブサイトは徐々に強くなっていくでしょう。

 

キーワード選びは、常にユーザーの気持ちになることが基本です。ユーザーが何に悩み、どのような情報を求めて、どのようなキーワードを検索するのかを想像することがコツです。まずはユーザーの気持ちになり、知りたいことを検索して探してみましょう。その時にどのようなキーワードを入れたくなるのか、複合するならばどうするか、実際に検索してみるのが有効です。

 

あまりにアクセスを集めたいという気持ちになると、どうしてもブログ・ウェブサイトの製作者側の気持ちになってしまい、ユーザーの気持ちになれないものです。ユーザーの気持ちになる、ユーザー目線になるということが最も重要です。

 

実際に、あるキーワードを決めて、記事を書いたとします。狙い通りそのキーワードで検索し、訪問してくれたユーザーが知りたいであろう情報が書かれた記事になっているでしょうか?キーワードと記事内容のマッチングも重要です。

 

このようにしてコンテンツを作り込んだ後に、ブログ・ウェブサイトが本当に検索エンジンに表示されているのか調べる方法があります。一つだけならば実際に検索するという方法もありますが、下位に表示されていると、そこまでたどり着くだけで大変な作業になりますし、表示件数がわかりません。ところがGoogleが提供するウェブマスターツールを使えば、Googleでどのようなキーワードで検索されて、平均何位で表示されたのか、実際に何回クリックされたのかを知ることができます。キーワードの選択が適切かどうかを調べるために是非使いたい便利なツールです。

 

稼げるアフィリエイト入門

アフィリエイトのためのアクセス解析入門

2014年12月07日

初心者がアフィリエイトを始める時は、ブログ・ウェブサイトのコンテンツが充実してくるまではあまりアクセスを気にしない方がよいでしょう。なぜなら、サーバーをレンタルし、独自ドメインでブログ・ウェブサイトを立ち上げてしばらくは、悲しくなるほどアクセスが集まらないのが普通だからです。あまりアクセス数に関心が行ってしまうと、毎日少ないアクセス数を確認するだけで心が折れそうになってしまいます。まずは100記事ぐらい作ってからアクセス解析に取り組んだ方がよいでしょう。

 

それでも先の記事でも書きましたように、ブログ・ウェブサイト開設時に早めにアクセス解析ツールを設置して、開設からのアクセス数の記録だけは調べるようにすることをおススメします。これは貴重なデータだからです。

 

初心者でも簡単に設置してすぐに使えるアクセス解析ツールとしては、i2iの無料アクセス解析ツールがあります(http://www.i2i.jp参照)。これは本当に簡単で、また主要データを見やすく表示してくれます。

 

またアクセス解析ツールの決定番であるGoogle Analyticsも無料で使えます。何と言ってもGoogleが提供するアクセス解析ツールですので、信頼性も高く、高機能です。Google アドセンスなどとの連携もできますので、是非利用したいツールです。難点は、高機能なだけに使い方が少々難しいことです。Google Analyticsのウェブページにある説明を読んで使えないこともないですが、Google Analyticsの親切な解説書を購入し、読みながら使った方が時間の節約になるでしょう。

 

ある程度ブログ・ウェブサイトのコンテンツが充実してから、アクセス解析をしてみましょう。

 

まずはセッション数です。ユーザーがブログ・ウェブサイトを訪問し、離脱するまでを一つのセッションとしてカウントします。つまり、ブログ・ウェブサイトへの訪問数を表します。これがある程度の数まで増えなければ、アフィリエイトで成功することはありません。したがって、コンテンツがある程度充実してから、どのぐらいまでセッション数が増えていくのかをアクセス解析で把握する必要があります。

 

次にページビュー。ユーザーが閲覧したページ数を表します。ユーザーがコンテンツに興味を持ち、1回のセッション中に複数をページを閲覧してもらえればコンテンツ作りに成功していると言えます。反対に、ユーザーが最初に閲覧したページから他のページに移らず、すぐに閉じてしまうケースがもっとも残念なケースです。これを「直帰」と呼び、その割合を「直帰率」で表します。

 

また閲覧した記事をじっくり読んでもらえれば、それ相応の時間、滞在してもらえることになります。それを知るデータが平均セッション時間(滞在時間)です。

 

SEO対策が成功しているかどうかは、検索によりどれぐらいのユーザーが訪問してくれているかを調べることで把握できます。この時にどのようなキーワードで検索されているのかを把握することも重要です。狙ったキーワードでユーザーを集められているかどうかを確認すれば、今後のコンテンツ作りに役立つはずです。

 

Google Analyticsではさらに高度な解析もできますが、まずはこれらを実践すればよいでしょう。

稼げるアフィリエイト入門

アフィリエイトにはアクセス解析が必要

2014年12月07日

初心者がアフィリエイトを開始してからしばらくの間は、アクセス数の増減に一喜一憂しない方がよいでしょう。それはやるべきことを迷わず、着実に進めた方がよいという意味であって、アクセス解析が必要ないという意味ではありません。何事も分析して状況を正しく把握すれば得るものが多いのですが、それはアフィリエイトにおいても同様に通用する考え方です。

 

例えば全くアクセス解析をしない場合は、自分が開設したブログ・ウェブサイトに誰かが訪問しているのかさえ分かりません。無料ブログなどでは、開設すれば自動的にアクセス解析してくれるサービスもありますが、サーバーをレンタルし、独自ドメインで始めた場合は、自分でアクセス解析ツールを設定しないとアクセス解析が始まりません。

 

特にブログ・ウェブサイトを開設してからどのようにアクセス数が増えていったかというデータは貴重です。正しい方法でブログ・ウェブサイトを開設しても、初めはほとんどアクセスが無く、しばらく(ブログ・ウェブサイト作りのペースにもよりますが、数ヶ月程度)は、我慢の期間が必要であることもデータから明らかになります。そして正しい方法を続けていれば、ある期間を経てアクセスがある程度集まってくることも分かります。それらを経験に基づくデータとして蓄積していけば、2番目以降のブログ・ウェブサイト立ち上げの際の有用な知見となります。

 

また一般に言われていることを自分で検証する際にもアクセス解析は役に立ちます。例えば更新を止めてしまってもアクセス数は減少しないのでしょうか?減少するとしたら、最低限どれぐらいの頻度で更新すればアクセス数は維持できるのでしょうか?このような疑問にも自分で実践して、確認することができます。

 

インターネット上で言われていることには間違いも多いですし、正しい場合でも何にでもその法則・傾向があてはまるわけではなく、もう少し条件設定しないと結論付けられない場合が多くあります。例えば前述の更新頻度とアクセス数の関係ですが、ブログ・ウェブサイトの完成度、コンテンツの充実度、コンテンツの内容(分野)によっても結果は異なるでしょう。

 

物事はそれほど単純ではありません。しかし、自分で仮説を立て、実践し、アクセス解析によって検証を重ねれば得られることが多くあります。アフィリエイトをするならばアクセス解析を導入するようにしましょう。

 

稼げるアフィリエイト入門

アフィリエイトの鉄則:ペナルティとなるSEO対策をやらない

2014年11月01日

アフィリエイトのためのウェブサイトにSEO対策を施し、検索エンジンで上位表示を狙うことがアクセスを集める方法として行われます。多くの初心者アフィリエイターが思ったように自分のウェブサイトが上位表示されず、悩みます。

 

そのため簡単で、即効性のある方法を求めて情報商材を買い、そこに書かれている方法を実践して、結果として検索エンジンからペナルティを受けることがあります。ペナルティを受けると著しく表示順位が下がったり、最悪表示されなくなるなど、本来の目的と逆の結果となってしまうことがあります。

 

「○○だけやれば、すぐに検索エンジンで上位表示されるようになる!」といったような情報商材と出会ったら要注意です。

 

検索エンジンとは、そもそもユーザーが必要とする、良質のウェブサイトを検索キーワードに応じて上位表示できるように、常に改良が重ねられています。その目的に反して、「○○だけやれば・・・」的な方法で上位表示させることを目指した裏技があります。

 

以前は通用した裏技もありますが、検索エンジン側も進歩し、今では通用しなくなった裏技も複数あるのです。そのようなものはスパムと認定され、ペナルティを受ける確率が高い、非常にリスクある行為です。情報商材の中には未だにそのような方法を推奨していたりするものがあり、その情報商材の製作者(著者)が、単純に知識が無いのか、あるいは意図的に推奨しているのかわかりません。

 

さらに現在も通用する裏技というものもいつスパム認定されるかわからず、リスクが高いです。そのような裏技を推奨する情報商材にも注意すべきでしょう。

 

ユーザーにとって有益なコンテンツを充実させたウェブサイトを作ることが王道であり、最強のSEO対策です。そのようなウェブサイトを作るにはそれ相応の労力と時間を要します。しかし、コツコツと継続して努力すれば達成できます。挫けず取り組みましょう。

 

稼げるアフィリエイト入門

アフィリエイトの鉄則:上位表示されるキーワード

2014年10月24日

「アフィリエイトの絶対公式」で説明しましたように、アフィリエイト収入を稼ぐためにはアクセスを増やす必要があります。その基本は、検索エンジンで上位表示されるためのSEO対策です。SEO対策にはいくつかの方法がありますが、今回は「キーワード選び」について書きます。

 

検索エンジンでは、ユーザーが知りたい情報を掲載しているウェブサイトを探すために、思い当たるキーワードを入力し、検索します。したがって、ユーザーが求める情報に相応しいキーワードを予想し、そのキーワードをアフィリエイトのウェブサイトに盛り込む必要があります。

 

よく例に挙げられますが、「ダイエットに関する商品」についてアフィリエイトしようとした場合、「ダイエット」という言葉をウェブサイトに盛り込むわけです。特にウェブサイトのタイトルと記事タイトルに入れることが有効です

 

ここで問題は、「ダイエット」という言葉があまりにもビッグキーワードであるということです。つまり「ダイエット」に関するウェブサイトは、多数あり、ものすごい数のライバルがひしめいているため、「ダイエット」という言葉で検索後、上位表示させるのはほとんど不可能ということです。この問題を回避して、上位表示させるための戦略が、「ライバルの少ないところで戦う」というものです。具体的にはもっと絞り込んだフィールドを設定する複合キーワードを探します。

 

例えば「ダイエット」でYahooで検索すると、ページ下部に複合キーワードの候補として、「ダイエット 方法」、「ダイエット レシピ」、「ダイエット 日記」、「ダイエット ブログ」などと言ったような複合キーワードが表示されます。これはYahooにおいてよく検索されるものです。これだけでもまだ対象が広いですが、「ダイエット」一語よりもかなり絞り込まれます。さらにアフィリエイトしたい商品に関連深いキーワードを組み合わせれば、ライバルはずっと減らせます。

 

またそのようにアフィリエイトしたい商品と関連が深いキーワードで絞り込むほど、商品の購買に結びつくユーザーを呼び込める確率が上がり、アフィリエイトにおいても成果の向上が見込まれます。

 

実際に複合キーワードが思いついたら、検索エンジンで検索してみましょう。どんなウェブサイトが上位に来るか調べてみれば、ライバルが勝てそうな相手なのかわかると思います。

 

キーワード選びの奥は深いです。

 

稼げるアフィリエイト入門

サイトの更新頻度を高める

2014年10月19日

アフィリエイトのためにサイトのSEO対策を考えると、記事の更新頻度を高めることが重要です。サイトの更新頻度を高くすると、検索エンジンのクローラーが訪問する頻度が上がると言われています。全く更新されない活動停止状態のサイトの評価は低くなるようです。これはユーザーに常に新しい情報を検索し、紹介するという方針を取っているためなのでしょう。

 

過去の記事を修正したり、追記したりすることもGoogleに評価されるようです。これも同様に品質の高い有用な情報を検索したユーザーに紹介するという方針によるものです。

 

サイトのページ数が少ない場合は、Googleの評価は低いようです。アフィリエイトの中心になるサイトでは、ページ数は100以上を目指した方がよいでしょう。そして一つ一つのページの品質も高くする努力が必要です。ページ数が少なかったり、各ページ内の文字数・情報量が少ない場合は、Googleの評価が下がってしまう場合があります。

 

要するに、日々、本当に充実した内容のサイトを作る努力を続ければ報われるということです。

 

稼げるアフィリエイト入門
2 / 3123
 
レバレッジ